sponsoredlinks

ジュッジ国立鳥類保護区/セネガル共和国の世界遺産

セネガル共和国の世界遺産の中からジュッジ国立鳥類保護区についての紹介ですセネガル共和国旅行のときにはジュッジ国立鳥類保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジュッジ国立鳥類保護区
Djoudj National Bird Sanctuary
所在国:セネガル共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

ジュッジ国立鳥類保護区はセネガル共和国のサハラ砂漠最西端に接するセネガル川河口の三角州に広がる地域とサハラ砂漠に接している湿地帯の地域に広がり1980年にラムサール条約に登録され翌年には世界遺産の登録がなされた。この地域の北西部に豊かに残っている緑地帯を目指して遠くはヨーロッパ大陸、東部アフリカから冬季にはオオフラミンゴ、モモイロペリカン、ガンやカモ、サギ、ツル、トキ、ワシやタカなど300万羽もの渡り鳥が飛来し越冬しています。近年、砂漠化の広がり、農業廃水による水質汚染、ディアマ・ダムが稼働するなどの影響で水質養分の低下など、それらの影響による水草の大量発生などで生態系や自然環境の悪化が深刻化し2000年には危機遺産となったが各国の協力もありバイオコントールを講じたことにより湿地帯への進入植物種の脅威を根絶したとして2006年には危機遺産から解除されました。ジュッジ鳥類国立公園は、二度にわたって危機遺産に登録されている(1984年から1988年までと、2000年から2006年)。ダムによる環境変化のほか、2000年の危機遺産登録時には外来種の水草の繁殖による固有の生態系への脅威が問題とされた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。