sponsoredlinks

キリマンジャロ国立公園/タンザニアの世界遺産

タンザニアの世界遺産の中からキリマンジャロ国立公園についての紹介ですタンザニア旅行のときにはキリマンジャロ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

キリマンジャロ国立公園
Kilimanjaro National Park
所在国:タンザニア
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:自然遺産

キリマンジャロは、標高5,895mでアフリカ最高峰で赤道の南300kmのところにありながら山頂は雪と氷につつまれる美しい山です。
また、南米のコトパクシ山に並ぶ標高を持つ世界最高峰級の火山でもあります。
タンザニア北東部にあるキリマンジャロ国立公園は1987年に世界遺産に登録された自然遺産です。
キリマンジャロの頂上には、氷河が形成されています。
この氷河から供給される水で出来た高山湿地帯を始め、標高別に、砂漠、高山湿地帯、高地草原、草原、熱帯雨林と広がっています。
そのキリマンジャロ周辺に広がる国立公園には熱帯雨林から氷河に至る様々な植生が存在しています。
標高3,000m程度までは熱帯雨林、3,000m〜4,000mではヒースとよばれる常緑低木が群生する荒れ地帯や草原地帯、そして4,000m以降は荒地が広がり、4,500mを超えると氷河地帯になります。
熱帯雨林にはヒョウやブルーモンキーのような希少種も棲息しています。
キリマンジャロ山とその周囲の森林は、ドイツ植民地時代の20世紀初頭から保護対象となっていました。
1921年に、法的な保護対象となり、タンザニア独立後の1973年、山域の一部75,575haが国立公園として指定されました。
1987年に世界遺産に登録され、自然保護が活発的に行われています。
一方、キリマンジャロ周囲の乾燥化に伴い、山頂の氷河の縮小が懸念されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。