sponsoredlinks

コンドア・ロック‐アート遺跡群/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からコンドア・ロック‐アート遺跡群についての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはコンドア・ロック‐アート遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コンドア・ロック‐アート遺跡群
Kondoa Rock Art Sites
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

コンドア・ロック‐アート遺跡群は、タンザニアのほぼ中央部に位置するドドマ州コンドア地区にある文化遺産です。コンドアの大きな谷間に接する急斜面に、自然な石によって作られた洞窟の壁画群を中心とする遺跡です。2千年あまりに渡り蓄積された石の絵画や、いまだ住んでいる人々の伝統文化が評価されています。コンドアの壁画は、弓矢を携えた狩人やレイヨウ、ゾウなどの狩猟対象の獣が、赤い絵と白黒の絵で描かれていることが良く知られています。描かれた年代的には、赤い絵が古く1500年ほど遡って白黒の絵が描かれたと言われています。また洞窟は聖地と崇められ、現在もまだ宗教的儀式や伝統行事に使われています。コンドアの洞窟群は150以上あると言われ、未だに全体像は未解明となっていますが、主な所にパヒ (Pahi complex) 、クンドゥシ‐キニャシ (Kundusi-Kinyasi complex) 、チェケ・チュンガイ (Cheke Chungai complex) などがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。