sponsoredlinks

ザンジバル島のストーン・タウン/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からザンジバル島のストーン・タウンについての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはザンジバル島のストーン・タウンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ザンジバル島のストーン・タウン
Fossil Hominid Sites of Sterkfontein, Swartkrans, Kromdraai, and Environs
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録: 2000 年
世界遺産の種類:文化遺産

ザンジバル島は、アフリカ大陸の東側、タンザニア連合共和国の東、インド洋に浮かぶ美しい島ですが、奴隷・象牙貿易中継地として栄えた島でもあります。また、世界最大のクローブ市場としても有名です。1963年にいったんはザンジバルとして独立するがクーデターが起こって崩壊し、1964年、大陸のタンガニーカと合併してタンザニアとして連合共和国に組み込まれることになった。ストーン・タウンでは、11世紀頃にイスラム教が根付いて以降、スワヒリ文化が発展しました。ザンジバルは長さ約100kmにも及ぶ大きな島です。ストーン・タウンの港には大きなサンゴ礁はありませんが、それ以外の海岸線はほとんどサンゴに覆われています。ストーン・タウンの建物は地元の建材であるサンゴ礁石灰岩(コーラル/セメント)で造られており、ドアには「コーラン」の一節や花などをモチーフとしたとした精緻な彫刻が施されています。建物が生む独特な町並みが、良好な状態で保存されていることと、ザンジバルの歴史的背景から2000年に世界文化遺産として登録されました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。