sponsoredlinks

ンゴロンゴロ保全地域/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からンゴロンゴロ保全地域 タンザニア連合共和国についての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはンゴロンゴロ保全地域 タンザニア連合共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ンゴロンゴロ保全地域
Ngorongoro Conservation Area
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産

ンゴロンゴロ保全地域はタンザニアの中央部にある自然保護地域です。
ンゴロンゴロは、中生代後期に活動していた火山群が何度も噴火した跡のクレーターで形成された、カルデラに広がる平野なのです。
ンゴロンゴロは、現地の言葉であるスワヒリ語で「巨大な穴」の意味ですが、外輪は南北16km、東西19kmと阿蘇山に次ぐ世界第二の広さのカルデラを持っています。
標高でいうと、カルデラ内部の平野部で1,800mくらいで、外輪は2,400mあります。
このためカルデラ内部は、カルデラ外部と遮断されていて、その上、森林や湖、草原などの多様な自然がありますから、このカルデラ内に生息する大型動物の棲家になっていますから、動物たちのほとんどはカルデラの外にでることはありません。
ですから、カルデラ外部と隔離された生態系が形成されるに至りました。
また、絶滅寸前の野生動物たちの貴重な保護区ともなっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。