sponsoredlinks

セレンゲティ国立公園/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からセレンゲティ国立公園についての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはセレンゲティ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セレンゲティ国立公園
Sserengeti National Park
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

セレンゲティ国立公園は、タンザニア連合共和国北部の、マラ州、アルーシャ州、シニャンガ州にまたがりキリマンジェロの山麓に広がる自然保護を目的とした大サバンナ地帯です。、国立公園。アフリカで一番良く知られた国立公園の1つでマサイ族の言葉で〔広大な平原〕をもちます。1981年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されるましたが、東京都、神奈川、千葉、埼玉県の一都3県の広さに匹敵しています。このサバンナにはライオン、チーター、ヒョウ等の肉食動物からアフリカゾウ、バッファロー、インパラ、キリン、シマウマ、ガゼル、アンテロープ等の草食動物まで多くの動物たちの群れが絶え間ない生存競争を繰り広げています。この平原は乾季と浮きを繰り返し草食動物の多くは水と草を求め大移動を繰り返し、この移動に肉食動物も井戸を繰り返すのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。