sponsoredlinks

スクルの文化的景観/ナイジェリア連邦共和国の世界遺産

ナイジェリア連邦共和国の世界遺産の中からスクルの文化的景観についての紹介ですナイジェリア連邦共和国旅行のときにはスクルの文化的景観へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スクルの文化的景観
Sukur Cultural Lnadscape
所在国:ナイジェリア連邦共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

スクルの文化的景観は、コーヒーの産地として有名なアダマワ州マダガリ地方(カメルーンとの国境近くナイジェリア東部)の高地にあり、ハウサ系マダガリ人の豊かな知恵と精神的な強さを証明する文化遺産です。起伏のはげしい丘陵という生活には不向きな土地をうまく利用した段々畑と、信仰や崇拝のシンボルである部族長クシディの館は、その頂上にそびえ、広がる段々畑を眼下に見下ろすように建てられています。鉄器時代の露天掘りや鉄器の生産・加工を行っていたと見られる数々の遺跡が点在しており、20世紀初頭までは、その景観が保たれていましたが、1912年から10年にわたり、近くに住む部族に荒らされてしまい、今では部族長クシディの館は廃墟と化してしまっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365178
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。