sponsoredlinks

ニジェールのW国立公園/の世界遺産

の世界遺産の中からニジェールのW国立公園についての紹介です旅行のときにはニジェールのW国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ニジェール
W National Park of Niger
所在国:
ニジェール
世界遺産登録年:1996年
世界遺産の種類:自然遺産

ニジェールのW国立公園は、ニジェール川の湾曲に沿って「W」字形に広がる西アフリカにある国立公園です。国立公園そのものは、ニジェール、ブルキナファソ、ベナンがまだフランス領西アフリカの一部だった1954年に、この3カ国にまたがる広大な広さを誇る国立公園として成立しました。現在、ユネスコの世界遺産として登録されているのは、国立公園のうち、ニジェール国内の一部にあたる2200 km2だけです。サバンナと熱帯雨林からなるW国立公園は、雨季に入るとWに蛇行するニジェール川が氾濫し、一帯を潤す恵みの川となり、植物454種、哺乳類70種、350種以上の鳥類が確認されているほど、動植物相は多彩です。特に、ツチブタ、ヒヒ、カラカル、チーター、ゾウ、カバ、ライオン、サーバル、イボイノシシなどの大型哺乳類が多く生息することで知られています。サバンナでは、コリガムダマリスクやローンアンテロープなどの、ウシ科の草食動物がよく見られます。自然界で最高の建築物といわれる巨大なアリ塚も、サバンナの重要な景観の一つです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365180
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。