sponsoredlinks

ツォディロ/ボツワナの世界遺産

ボツワナの世界遺産の中からツォディロについての紹介ですボツワナ旅行のときにはツォディロへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ツォディロ
Tsodilo
所在地:ボツワナ
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

ツォディロは、ボツワナの北西、カラハリ砂漠の中にある岩絵群が広がる地域です。ツォディロは、シャカウェとセポパを結ぶ主要道路の西の丘陵地帯にあり、アマンからは約300キロ離れています。ツォディロは、普遍的価値を持つ世界中で最も素晴らしい壁画が存在する場所のひとつで「砂漠のルーブル」とも言われ、4500以上の岩絵群が比較的狭い地域に密集して存在しています。ツォディロは何万年もの間住んでいたサン族(別名でブッシュマン、コイサン、バサルワ)による先史時代からの生活、動物、幾何学模様デザインなどの約4500以上の岩絵が残されています。この地域には、サン族の居住地の他に、ハンブクシュ族もの付近に村を作って住んでいます。ツォディオには、先史時代の村々が丘陵地のあちこちに存在しており、岩の家や古代の鉱山があります。ツォディオでは、ヒョウ、ダチョウ、オオアリクイ、サル、ブラウン・ハイエナ、クドォなどを特有な動物も多数生息しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365182
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

彼女は某総合病院の看護士 みさちゃん。
Excerpt: 下 着を剥ぎ取り彼女のアソコを指でなぞると、生暖かい液体で濡れそぼっていた。 指を入れると、それに合わせて彼女の体は過剰に反応する。 その反応が愛しくて、俺は指を動かし続けた。 「ダメェッ、イクッ、..
Weblog: ハ メ 撮り日記nter" 0
Tracked: 2008-12-13 17:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。