sponsoredlinks

アンブヒマンガの丘の王領地/マダガスカル共和国の世界遺産

マダガスカル共和国の世界遺産の中からアンブヒマンガの丘の王領地 マダガスカル共和国についての紹介ですマダガスカル共和国旅行のときにはアンブヒマンガの丘の王領地 マダガスカル共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アンブヒマンガの丘の王領地
The Royal Hill of Ambohimanga
所在国:マダガスカル共和国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

アンブヒマンガの丘の王領地は、マダガスカル共和国の首都アタナナリボから北へ21kmの距離に位置し、マダガスカルを最初に統一したメリナ王国の王宮跡と、それを取り囲む要塞跡が残っています。
アンブヒマンガとは、マダガスカル語で「青い丘」、「美しい丘」の意味らしく、現在はこの王宮跡と要塞跡は博物館として公開されています。
王宮は、二重の堀と城壁で囲まれており、占星術によって位置決めされた7つの門が設置されて、王宮へとつながっています。
メリナ王国がマダガスカルを統一したときのアンドリアナンポイニメリナ王が、この要塞内部の木造建物の王宮で暮らしていました。
この王宮は、1788年ごろに建てられたと推定されていて、アフリカ大陸の奴隷達によって運ばれたとされる長さ15mの大黒柱が、王宮内部に立っています。
1794年、メリナ王国の首都は政治的理由により、アンブヒマンガからアタナナリボに移りました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。