sponsoredlinks

チョンゴニ・ロック‐アート地域/マラウイ共和国の世界遺産

マラウイ共和国の世界遺産の中からチョンゴニ・ロック‐アート地域についての紹介ですマラウイ共和国旅行のときにはチョンゴニ・ロック‐アート地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チョンゴニ・ロック‐アート地域
Chongoni Rock-Art Area
所在国:マラウイ共和国
世界遺産登録年:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

チョンゴニ岩石芸術地域は、2006年に文化遺産として世界遺産登録された遺跡です。岩壁や洞窟などに描かれた先史時代の芸術に関する遺跡は、結構多くの登録例があるようです。 数多くの岩絵群があるチョンゴニ岩石芸術地域は、マラウイ中部デッザ県中部にあります。洞窟壁画や居住の痕跡をうかがわせる遺跡は、チョンゴニ森林保護区の区域内を中心に127が確認されています。 初期の絵画は狩猟生活を物語るように狩人が描かれています。それ以降は、農耕生活を裏付けるような農耕的な主題が絵がられています。前者を描いたのは石器時代のバトワ人 (Ba Twa) で、後者を描いたのはチェワ人 (Chewa) です。チェワ人はこの地域の洞窟に住み、20世紀に至るまで、この地で岩絵群を蓄積してきたのです。 チョンゴニ岩石芸術地域は、「現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠」として、2006年にやっと登録されました。登録が遅れた理由は、なんと、申請書類の不備等によって審議が延期されていたからなんだそうです。近年は、岩壁や洞窟など遺産は登録件数が増えている傾向のようです。注目されているのが分かりますね。 ※マラウイ Malawi アフリカ大陸南東部にある共和国。 正式国名はマラウイ共和国で、かつてのイギリス保護領ニヤサランド。 東にマラウイ湖が広がり、モザンビーク、タンザニア、ザンビアと接する。 総面積は11万8484km2で、その5分の1近くがマラウイ湖と3つの小さな湖で占められている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365185
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。