sponsoredlinks

マラウイ湖国立公園/マラウイ共和国の世界遺産

マラウイ共和国の世界遺産の中からマラウイ湖国立公園 マラウイ共和国についての紹介ですマラウイ共和国旅行のときにはマラウイ湖国立公園 マラウイ共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マラウイ湖国立公園
Lake Malawi National Park
所在国:マラウイ共和国
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:自然遺産

マラウイ湖国立公園は、アフリカ大陸南西部にあるマラウイ湖を対象とする国立公園で、アフリカ大陸で3番目に大きな湖です。
面積は四国の1.5倍、マラウイの国土の4分の1を占めるそうです。
湖はマラウイ、タンザニア、モザンビークにまたがりますが、国立公園に指定されているのは、マラウイ領内の湖の南端にあたるごく一部で、全面積のわずか0.3%程度を占めるに過ぎません。
マラウイ湖は一番深いところで706mもあり、500種類以上の魚類が確認されています。
それが、この魚類のほとんどがマラウイ湖の固有種というのが特徴で、進化の多彩さで有名です。
「湖のガラパゴス諸島」の異名をとるくらいです。
中でも、「カワスズメ」の数の多さは世界的にも類を見ません。
淡水湖として世界遺産に登録されたのは、このマラウイ国立公園が初めてでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。