sponsoredlinks

ジェンネ旧市街/マリ共和国の世界遺産

マリ共和国の世界遺産の中からジェンネ旧市街についての紹介ですマリ共和国旅行のときにはジェンネ旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジェンネ旧市街
Old Towns of Djenne
所在国:マリ共和国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

ジェンネ旧市街は、マリ帝国(マリンケ族の帝国として14〜16世紀に繁栄)やソンガイ帝国(西スーダンの王国)が、北部アフリカのイスラム商人との交易都市として栄えた町ジェンネを含めた周辺を指す世界遺産(文化遺産)のことで、ジェンネの中心の西アフリカのイスラムの象徴とも言われるスーダン様式の大モスク、旧市街にはナナ・ワンゲラという聖なる井戸、ジェンネ最古のテパナ墓地などが残っています。ジェンネの大モスクは、56m四方の基層分と11mの高さまで積み上げられた日干しレンガが特徴的です。ジェンネ旧市街は、マリ中部のニジェール川とバニ川の中州にあります。ジェンネとともに交易都市として栄えたところとしては、黄金の都と呼ばれたトンブクトゥやニジェール川下流のガオなどが有名です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365187
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。