sponsoredlinks

バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)/マリ共和国の世界遺産

マリ共和国の世界遺産の中からバンディアガラの断崖(ドゴン人の地)についての紹介ですマリ共和国旅行のときにはバンディアガラの断崖(ドゴン人の地)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バンディアガラの断崖
Cliff of Bandiagara (Land of the Dogons)
所在国:マリ共和国
世界遺産登録:1989年
世界遺産の種類:複合遺産

バンディアガラの断崖は、マリ共和国の首都バマコの北東480q中部のモプティー地区にそびえるバンディアガラ山地のニジェール川に面した独特の景観をほこる標高差500メートルの花崗岩の断崖です。ドゴン族居住地域となっている断崖でもあり、その壮観な自然環境と、マルセル・グリオールの紹介によって広く知られるようになったドゴン族の文化が保持されている地域であることから、ユネスコの世界遺産に登録されたものです。幅は150kmにも及んでいる。この断崖の所々や、断崖の裾野に、ドゴン族はおよそ700の村落を作り、25万人ほどが暮らしている。ドゴン族はこの断崖の上下に土の要塞を作り外敵から実を守っていました。絶壁の中腹にはドゴン族の壮大な宇宙とジャッカル占いなど神話の世界に基いた墓や社を造り先祖の霊を祀る。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。