sponsoredlinks

アプラヴァシ・ガート/モーリシャスの世界遺産

モーリシャスの世界遺産の中からアプラヴァシ・ガートについての紹介ですモーリシャス旅行のときにはアプラヴァシ・ガートへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アプラヴァシ・ガート
Aapravasi Ghat
所在国:モーリシャス
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産、負の遺産

アアプラヴァシ・ガットは、インド洋のマスカレン諸島のひとつに数えられるアフリカの国、モーリシャスの首都ポートルイスにある移民受入施設の跡地です。1835年に奴隷制度が廃止された穴を埋めるために、イギリスは強制的に契約を交させたインド系労働者を調達し輸送しました。その数は40万人にも及んだと伝えられています。これはクーリー貿易と呼ばれました。この遺産の名称である、アプラヴァシ・ガートとはヒンディー語で「移民の駅」を意味し、もともとは、「クーリー・ガット」と言われていたものを、差別的な意味があるということで名称が変更になったものです。世界遺産の中でも、「負の遺産」とされるものの一つです。世界遺産登録までには多くの紆余曲折がありましたが、国際的な労働力移動の証、という意味が評価され、世界遺産として認められました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365191
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。