sponsoredlinks

バンダルギン国立公園/モーリタニア・イスラム共和国の世界遺産

モーリタニア・イスラム共和国の世界遺産の中からバンダルギン国立公園についての紹介ですモーリタニア・イスラム共和国旅行のときにはバンダルギン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バンダルギン国立公園
Banc d’Arguin National Park
所在地:モーリタニア・イスラム共和国
世界遺産登録:1989年
世界遺産の種類:自然遺産

バンダルギン国立公園(別名:アルガン岩礁国立公園)は、モーリタニアの首都ヌアクショットの北150キロ、モーリタニア北西部沿岸にあるティミリス岬の北方200キロにもわたる絶壁が続いている岩礁地帯です。アルガン暗礁の名が示す通り一帯は暗礁の多い浅瀬が広がっており、船が暗礁に乗り上げる事故も発生しています。沿岸域は、暖流と寒流が交わるため、魚類が豊富です。魚を食する渡り鳥も多く集まって、ティドラ島、ニルミ島、ナイル島、キジ島、アルガン島など周辺の島には、フラミンゴ、シサシギ、シロペリカンなどの餌場となり、ヨーロッパやシベリアからの渡り鳥の越冬地になっています。浅瀬が沖合い25キロ近くまで広がっているため、クロアジサシ、ウスイロイルカ、シワハイルカ、チチュウカイモンクアザラシなどの海洋動物が魚目当てに集まり多彩な生息生物を観察することができます。しかし、岩礁のある海岸線の近くまで砂漠が迫る砂漠化が深刻になってきており、風による砂の移動が激しくなってきています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。