sponsoredlinks

ウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落/モーリタニアの世界遺産

モーリタニアの世界遺産の中からウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落についての紹介ですモーリタニア旅行のときにはウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落
Ancient ksour of Ouadane, Chinguetti, Tichitt and Oualata
所在国:モーリタニア
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

ウワダン、シンゲッティ、ティシットとウワラタの古い集落とは、モーリタニア内陸部にあるアドラル地方、タガント地方、ホズ・エッシャルギ地方に位置する世界遺産(文化遺産)で、サハラ砂漠と、その周辺部に点在する四つの隊商都市のことです。モロッコとマリやガーナを結ぶ交易路の中継地として、10〜12世紀頃からサハラ交易が盛んなりし頃に栄え、イスラム文化が開花するのに大きく貢献した都市群です。当時、ここはラクダの隊商で賑わいました。地中海文明圏のモノと情報が砂漠にあふれていました。砂丘に囲まれたシンゲッティの旧市街には、当時の富豪がイスラム教の聖地メッカから取り寄せていた数百年も前の古書が1万冊以上も残っています。交易で成した財を投じ、教養を身につけることがステータスだったのです。観光都市化が進められているシンゲッティとは違って、ティシットの街はモーリタニアで最も隔絶された陸の孤島です。ティシットは、20世紀の大干ばつに見舞われてしまったため、急激な過疎化が進んでいます。そのために、住人がティシットの街を出てしまっているため、伝統的な石を積んだ住居が主を失い、廃墟と化す可能性が出てきました。さしたる産業も無く貧困を強いられているティシットを守るにはインフラを早急に整備する必要があるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。