sponsoredlinks

モザンビーク島/モザンビーク共和国の世界遺産

モザンビーク共和国の世界遺産の中からモザンビーク島 モザンビーク共和国についての紹介ですモザンビーク共和国旅行のときにはモザンビーク島 モザンビーク共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

モザンビーク
Island of Mozambique
所在国:モザンビーク共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

モザンビーク島は、モザンビーク北部のモザンビーク海峡とモスリル湾の間に位置する島で、長さ3km、幅200 - 500m といった比較的小さな島です。
もともと、ここはアラブ人の港であり、造船所でもあったわけですが、ポルトガルに植民地化され、モザンビークの中心的な都市として機能していました。
ポルトガルが港と海軍拠点を建造し、その後ノサ・セニョラ・デ・バルアルテ礼拝堂が建てられました。
この礼拝堂は、南半球における現存最古のヨーロッパ建築と見なされています。
インド航路におけるポルトガルの重要な拠点としての地位を保持し続け、黒人奴隷、香辛料、金などの交易で栄えていましたが、スエズ運河の開通によって島は衰退に向かっていきました。
16世紀にサン・セバスティアン要塞が建造され、それはポルトガル植民地時代の面影を色濃く残しています。
現在は、約14000人が住んでいる島ですが、ほとんどの史跡は島の北端に集中していて、島民たちのほとんどは、島の南端のマクティという町に住んでいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。