sponsoredlinks

古都メクネス/モロッコの世界遺産

モロッコの世界遺産の中から古都メクネスについての紹介ですモロッコ旅行のときには古都メクネスへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古都メクネス
Historic City of Meknes
所在国:モロッコ
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

古都メクネスは、城壁に囲まれた都市で、1675年から1728年までアラウィー朝の首都が置かれました。
北部には、聖地ムーレイ・イドリスや古代ローマ遺跡で世界遺産に登録されているヴォルビリスの古代遺跡があります。
世界遺産メクネスの歴史は、9世紀にベルベル人のメクネッサ・ゼイトーン族がこの地に定住し始まります。
アルモハデス朝、メリニド朝のもとで町は繁栄するがメリニド朝の衰退にともない町も活気を失っていきます。
古都の栄光は17世紀ムーレイ・イスマイル王の時代に花開く活気が戻ります。
1672年にアラウイー朝の後継者となったスルタン、イスマイルはメクネスを都とし次々と巨大な城壁、壮大な門、穀物倉庫、カスバなどを建てます。
王は同時代に君臨したフランスのルイ14世に憧れ、あのヴェルサイユ宮殿をとても好んでいました。
その熱意はフランス王に娘をくれと懇願するほどだったと云われています。
(結局この申し出は、拒否されたが)55年間この町を繁栄させたムーレイ・イスマイルは1792年に亡くなります。
死後のメクネスは衰退し、歴史の舞台はマラケシュやフェズへと移っていきます。
1912年フランスとの保護領条約締結後、メクネスはフランスの軍事基地の中心になり、肥沃な土地に目をつけたフランス人農家が連れ立ってメクネスにやってきます。
メクネスは現在ではフランス人が導入したワインの一大生産地です。
現在は人口約50万人の静かな落ち着いた町だが、ムーレイ・イスマイルの遺産を訪れる巡礼者、観光客の姿は絶えません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365196
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

彼女は某総合病院の看護士 みさちゃん。
Excerpt: 下 着を剥ぎ取り彼女のアソコを指でなぞると、生暖かい液体で濡れそぼっていた。 指を入れると、それに合わせて彼女の体は過剰に反応する。 その反応が愛しくて、俺は指を動かし続けた。 「ダメェッ、イクッ、..
Weblog: ハ メ 撮り日記
Tracked: 2008-12-10 16:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。