sponsoredlinks

中東部の多雨林保護区群 /オーストラリアの世界遺産

オーストラリアの世界遺産の中から中東部の多雨林保護区群 オーストラリアについての紹介ですオーストラリア旅行のときには中東部の多雨林保護区群 オーストラリアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オーストラリア中東部の多雨林保護区群
Central Eastern Rainforest Reserves
所在国:オーストラリア
世界遺産登録:1986年、1994年
世界遺産の種類:自然遺産

中東部オーストラリアの多雨林保護区は、オーストラリアのシドニーからブリスベンにかけてのオーストラリア中東部に点在する多雨林地区にある自然保護区です。州で言えばクイーンズランド州(オーストラリアでは2番目に大きい州)とニューサウスウェールズ州の一部がそれにあたります。クイーンズランド州は太平洋に面していて、有名なグレートバリアリーフ海洋公園があります。この広大な地域には41もの保護区が点在し、地域が点在する分、保護区域ごとの違った植生が見られます。この保護区の大半は国立公園であったり、保護林やいるか保護区であったりします。また、植物だけでなく動物にも珍しい品種が多数見られます。こうした動植物からオーストラリア大陸がアジア大陸から分離する前の貴重な痕跡なども発見され、進化の過程がうかがえる貴重な遺産となっています。こうした貴重な動植物の進化の過程や、現存する貴重な動植物の観察に訪れる人は年間200万人とも言われています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。