sponsoredlinks

王立展示館とカールトン庭園/オーストラリアの世界遺産

オーストラリアの世界遺産の中から王立展示館とカールトン庭園についての紹介ですオーストラリア旅行のときには王立展示館とカールトン庭園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

王立展示館とカールトン庭園
Royal Exhibition Building and Carlton Gardens
所在国:オーストラリア
世界遺産登録:2004年
世界遺産の種類:文化遺産

王立展示館とカールトン庭園は、1880年のメルボルン国際博覧会、1888年のオーストラリア植民地生誕100周年記念国際博覧会が開催される際にオーストラリアのヴィクトリア州メルボルン市の中心部に設計された建物です。王立展示館は、ビザンチン、ロマネスク、イタリアのルネッサンスなど、さまざまな建築様式を取り入れ、石やレンガ、木材、鉄材などを利用して作られており、オーストラリアで最初の大陸ヨーロッパ風建築物といわれています。オーストラリアは園芸がさかんな地域ですが、カールトン庭園は、そのオーストラリアの中でも有数の庭園のひとつです。王立展示館とカールトン庭園が建築された目的であるメルボルン国際博覧会は、1851年から1915年の間に世界中の産業見本を展示するという名目で活動しつづけていた国際博覧会の典型的な事例で、王立展示館とカールトン庭園の建築は、その後の世界各地で開催された博覧会の展示に大きな影響を与えたと言われています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。