sponsoredlinks

カカドゥ国立公園 /オーストラリアの世界遺産

オーストラリアの世界遺産の中からカカドゥ国立公園 オーストラリアについての紹介ですオーストラリア旅行のときにはカカドゥ国立公園 オーストラリアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カカドゥ国立公園
Kakadu National Park
所在国:オーストラリア
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:複合遺産

カカドゥ国立公園とは、オーストラリアのノーザンテリトリーにある国立公園の一つのことです。公園の名前になっているカカドゥは、ガグジュと呼ばれるアボリジニの方言の一つです。現在は、この方言を話す民族集団は消滅してしまったのですが、この民族集団の子孫は現在でもカカドゥに住んでいます。カカドゥ国立公園には、40万年以上前から人が住んでいた形跡が残っていて、洞窟壁画なども残されています。すなわち、カカドゥ国立公園は文化的意義と固有の動物や、氾濫原などを有する環境的意義両方を有する国立公園なのです。公園内の気候は、大きく分けますと雨期と乾期の二つに分けることができます。雨期(10月 - 4月)には残念ながら観光が出来ないのですが、乾期(5月 - 9月)には観光が可能になります。公園一帯はアボリジニの文化と密接に関連した地域なので、自然を見る事が出来るだけでなく、アボリジニの文化にも触れることの出来るユニークな国立公園でもあるのです。独特の自然景観を持つイエロー・ウォーター・ビラボンのほかに、公園内ではアボリジニの岩壁画等を見ることが出来ます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365221
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。