sponsoredlinks

ブレナム宮殿/イギリスの世界遺産

イギリスの世界遺産の中からブレナム宮殿についての紹介ですイギリス旅行のときにはブレナム宮殿へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブレナム宮殿
Blenheim Palace
所在国:イギリス
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

ブレナム宮殿は、イギリスのバロック建築を代表する宮殿です。
マールバラ公ジョン・チャーチルが、スペイン継承戦争中のブランハイム(ブレナム)の戦いで立てた戦功によって当時のアン女王から贈られた大邸宅です。
イギリスのバロック建築の代表とされるこの建物は200余りの部屋を持ち、室内は大理石やしっくいの装飾にタペストリーやフレスコ画などで華麗に装飾されています。
ブレナム宮殿は、建築家ジョン・ヴァンブルーの設計により作られました。
宮殿の周りには、美しい「ケイパビリティ」・ブラウン庭園、湖、噴水、幾何学式庭園が、2,000エーカー(約8平方キロメートル)以上も広がっています。
最近修復されたばかりの「秘密の庭園」、イタリア庭園、ウォーター・テラス、バラ園、滝などもあります。
この大規模な宮殿は、アン女王が1704年にルイ14世のフランス軍を下した将軍で、初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルに恩賞として与えたものです。
いわば、宮殿の名を借りた私邸です。
本館の四隅に中世の城館を思わせる塔がそびえ立っているのは、国家の勝利をたたえる記念碑的性格も持ち合わせているためです。
本館と東西の翼棟をあわせ部屋は200余りを数え、大理石や漆喰装飾が施された室内には、タペストリーや肖像画、フレスコ画で埋め尽くされています。
広大なイギリス式庭園には、ニレの並木通りや運河、二つの人口湖があり、イギリスにおけるロマン主義のさきがけとして、以後の造園に与えた影響も大きいものです。
現在もマールバラ公爵家が所有する宮殿は、20世紀のイギリス主相ウィンストン・チャーチルの生家でもあります。
ブレナム宮殿は、1987年に世界遺産に登録されている文化遺産です。
宮殿はウッドストックというコッツウォルズ地方の可愛い町にあり、オックスフォードから8マイル(約13キロメートル)しか離れていません。
シェイクスピアの町、ストラットフォード・アポン・エイボンにも近く、ロンドンからもバーミンガムからも簡単に行くことができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365240
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。