sponsoredlinks

マテーラの洞窟住居/イタリア共和国の世界遺産

イタリア共和国の世界遺産の中からマテーラの洞窟住居についての紹介ですイタリア共和国旅行のときにはマテーラの洞窟住居へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マテーラの洞窟住居
I Sassi di MateraI Sassi di Matera
所在国:イタリア共和国
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

マテーラの洞窟住居はイタリア共和国の南、バジリカータ州マテーラ県の県都であり、イタリア半島の「かかとの部分」にあたる都市マテーラにある洞窟住居で、1993年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。岩壁を意味するイタリア語の複数形であるサッシ(単数形はサッソ)と呼ばれている洞窟住居は、グラヴィナ渓谷の石灰岩を侵食により造られ、渓谷にはこのサッシが何層にも重なって存在しており、旧市街地区は丘になっているチヴィタ地区とサッソ・カヴェオーゾとサッソ・バリサーノという地区に分れています。マテーラの洞窟住居の始まりは、8世紀から13世紀頃にイスラム勢力の迫害から逃れてきた修道僧が初めに住み着き130以上もの洞窟の聖堂を掘り、ビザンツ様式のフレスコ画で内部の壁面を飾ったことでした。その後、聖堂の周りに近隣の住民達が移り住み、箱形の洞窟住居が建て増しされ、独特の景観を持つ町へと発展しました。、全体では4000を越える洞窟住居があり彫刻作品のようなセピア色の街並みが美しい風景をつくりだしています。長年に渡ってサッシは南イタリアの貧しい小作農家の住居となっていたため、イタリアで最も貧しい街と呼ばれるようになりました。その評判を気にしたためかイタリア政府が第二次世界大戦後の1952年に強制的に移住をさせ、文化遺産として保護するようになり現在では一部を修復してサッシに暮らしたり、ホテルなどとして活用されるようになっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。