sponsoredlinks

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群/イタリア共和国の世界遺産

イタリア共和国の世界遺産の中からヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群についての紹介ですイタリア共和国旅行のときにはヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群
City ofVicenza and the Palladian Villas of the Veneto
所在国: イタリア共和国
世界遺産登録: 1994 1996年
世界遺産の種類:文化遺産

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群 (City of Vicenza and the Palladian Villas of the Veneto)は、紀元前2世紀から紀元前1世紀のローマの都市、ウィケティアが起源となっていて、他の北イタリアの都市と同じように、13世紀にはコムーネを組織し、近隣の都市国家と闘争を繰り広げたが、15世紀にヴェネツィア共和国の統治下におかれたことで、平和と経済的繁栄がもたらされ、卓越した芸術活動を生み出すことになった。その代表的建築家パッラーディオは公共建築や宗教建築の設計も行ったが、終始一貫して取り組んだ建築がヴィッラで、作品の数も多くその影響は20世紀に至るまで影響をあたえつづけたのでした。1994年、ヴェネト地方に点在するパッラーディオ設計のヴィッラが世界遺産として登録されたのです。イタリアの都市ヴィチェンツァとヴェネト州一帯にあるユネスコの世界遺産登録は1994年。1996年には拡張され、建築物が追加されました。15世紀に活躍した建築家アンドレーア・パッラーディオの設計したパラッツォおよびヴィッラがおもな対象となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。