sponsoredlinks

ルーレオーのガンメルスタードの教会街/スウェーデンの世界遺産

スウェーデンの世界遺産の中からルーレオーのガンメルスタードの教会街についての紹介ですスウェーデン旅行のときにはルーレオーのガンメルスタードの教会街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ルーレオーのガンメルスタードの教会街
Church Village of Gammelstad, Lulea
所在国:スウェーデン
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

ルーレオーのガンメルスタードの教会街は、スウェーデン北部、フィンランド国境と間近な都市であるルーレオ内のガンメルスタード村にあります。ガンメルスタードの歴史は15世紀初頭に、スウェーデン貴族が建てた教会を中心に、ルーレオ川の西側に信者たちがコテージを建てて住み始めたり、遠方から来た信者の為に簡易宿泊所を作ったことに由来します。17世紀には、ルーレ川の東側に新しく住宅街が建設され始めましたが、西側に住んでいた人たちは、そのまま住み続けました。このことが結果として、ルーレオ川西側に、中世の面影そのままの、平屋建ての木造家屋が現在まで残存することになったのです。また、ガンメルスタードのルーツといえる、カトリックの教会は、スウェーデン北部の中世聖堂としては、もっとも大きい建築物であり、北部地方最古の教会でもあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。