sponsoredlinks

ラポニアン・エリア/スウェーデン王国の世界遺産

スウェーデン王国の世界遺産の中からラポニアン・エリアについての紹介ですスウェーデン王国旅行のときにはラポニアン・エリアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラポニアン・エリア
Laponian Area
所在国:スウェーデン王国
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:複合遺産

ラポニアン・エリアはスウェーデン王国の北部にあり、ラポニアンとはラップ人をさす言葉です。またラップランドという地域名もありますが、こちらはスウェーデン王国内だけでなく、スウェーデン・ノルウェー・フィンランドにまたがる地域をさしています。極北の地なので、南部の森林密集地域を除いては植物もまばらです。トナカイ・熊・狼の動物や、鳥は陸鳥だけでなく海鳥も活動しています。また、この地域には海にも川にも多くの漁場があります。いくつかの湖では汽船が利用され、またいくつかの港は不凍港です。この地域に住むのはサーミ人(ラップ人)で、フィノ・ウゴル語派(ウラル語族系)のサーミ語を話しています。サーミ人の3分の1は移動生活を営んでいて、夏は海岸部に住み、冬は内陸部に移動しています。他のサーミ人は海岸とフィヨルドにちりぢりに定住しており、多くは湖の側や谷の奥で村を構成して生活しています。サーミ人の多くはノルウェーに住んでおり、そこで彼らは「サーメ」(Samer)と呼ばれています。サーミ人の主な職業はトナカイを飼う事です(これによって食料も衣料も調達できるからである)が、他方で狩りや釣りをしている人もいます。サーミ人は9世紀にはノルマン人に、11世紀にはロシア人に征服され、13世紀から17世紀の間はスウェーデンに支配されていました。ラポニアン・エリアに行く旅行者のほとんどはトレッキングなどを楽しむために夏の間に訪れています。また、イェリヴァーレ、ヨックモック(お菓子のヨックモックの語源)、アリエプローグなどのラップランドの都市も、ラポニアン・エリアに含まれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。