sponsoredlinks

カールスクローナの軍港/スウェーデン王国の世界遺産

スウェーデン王国の世界遺産の中からカールスクローナの軍港についての紹介ですスウェーデン王国旅行のときにはカールスクローナの軍港へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カールスクローナの軍港
Naval Port of Karlskrona
所在国:スウェーデン王国
世界遺産登録:1998年
世界遺産の種類:文化遺産

カールスローナの軍港は、スウェーデン王国のカルル11世により1680年に造られたスウェーデンの最も重要な海軍基地のひとつです。スウェーデン南部ブレーキンゲ県の県都であるカールスローナは、スウェーデン南部特有のバルト地方の温暖な気候のもと、美しい自然の景色が広がる港町ですが、バルト海の戦略的な位置にあるため、スウェーデン海軍の軍事拠点として戦略的に軍港が建造されました。北ヨーロッパに位置するスウェーデンは北極圏になるため、冬は海が凍り、港として機能しないところが一般的な中、温暖な気候の要因である暖流の影響により、海が凍らないところも地理気候条件的に最適とされていました。カールスクーナの軍港は、保存状態がよく、ヨーロッパで計画的に建造された類似の海軍基地をもつ町のいいモデルとなりました。その保存状態の良さは、生き残った軍事基地のなかで最高で、完全なカタチで保護されています。ほかにも北欧にはノルウェーのナルビクやハンメルフェスト、ロシアのムルマンスクという不凍港があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。