sponsoredlinks

セゴビア旧市街とローマ水道橋/スペインの世界遺産

スペインの世界遺産の中からセゴビア旧市街とローマ水道橋についての紹介ですスペイン旅行のときにはセゴビア旧市街とローマ水道橋へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セゴビア旧市街とローマ水道橋
Old Town of Segovia and its Aqueduct
所在国:スペイン
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

セゴビア旧市街とローマ水道橋は、スペイン北部のカスティーリャ・レオン州セゴビア県にあります。首都マドリードの北西60キロ先で、鉄道で2時間ほどと、それほど離れていないことから、マドリッドからの日帰り観光地として人気が高いです。グアダラマ山脈のふもとにあり、三方を川に囲まれた険しい丘という地理条件から、ローマ時代には城塞都市としての役割を果たしました。高い丘の上まで水を供給する目的で紀元1世紀のローマ時代にトラヤヌス帝によって建造されたのが、セゴビアの水道橋です。全長728メートル、高さ29メートル、100を越す二層アーチは、花崗岩を積み重ねてできており、今現在も、橋の下を車が普通に通っているほどの堅牢さを誇ります。ローマの土木技術の高さがうかがえます。また、中世には、カスティリア王国の主要都市として発展しました。そのなごりをありありとのこしているのが、アルカサル(セゴビア城)です。歴代国王の居城でした。ディズニー映画「白雪姫」のモデルになったともいわれています。見どころとして、16世紀に建設されたスペイン・ゴシック様式のセゴビア大聖堂も外せません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。