sponsoredlinks

サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街) /スペインの世界遺産

スペインの世界遺産の中からサンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街) スペインについての紹介ですスペイン旅行のときにはサンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街) スペインへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街)
Santiago de Compostela (Old town)
所在国:スペイン
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

サンティアゴ・デ・コンポステーラとは、スペイン北西部ガリシア自治州の首都で、聖ヤコブの遺骸が祭られているために、古くからローマ・エルサレムと並び、カトリックで最も人気のある聖地として巡礼者が絶えません。巡礼の街道では巡礼者は、巡礼者たる証明に帆立貝の殻を荷物にぶら下げるという決まりがあります。途中、教会などが宿泊を提供してくれます。最後のコースは、地面に古切れなどを敷き、その上を膝だけで歩いていく熱心な信者も多くいます。この街にたどり着いた巡礼者たちが向かうのは、最終の目的地でもある「大聖堂」です。「大聖堂」は、1071年から1152年にかけて建造されました。フランスの巡礼路教会堂から多大な影響を受けたスペイン最高のロマネスク様式の教会です。数度の増改築の結果、現在の姿は、動感溢れるバロック装飾に覆われていますが、「栄光の門」などにロマネスクの特徴が色濃く残っています。巡礼者を迎える「栄光の門」は、正面入り口から大聖堂の中に入ってすぐ目に付く玄関廊にあり、12世紀に20年かけて製作されたヨーロッパ・ロマネスク芸術の最高傑作と言われています。キリストが神の子として栄光を授けられる場面が描かれ、周囲に聖書に登場する十二使徒や天使など200体もの像が飾られています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。