sponsoredlinks

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群/スペイン王国の世界遺産

スペイン王国の世界遺産の中からオビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群についての紹介ですスペイン王国旅行のときにはオビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群
Monuments of Oviedo and the Kingdom of the Asturias
所在国:スペイン王国
世界遺産登録:1985年、1998年
世界遺産の種類:文化遺産

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群は、スペイン北部に位置するアストゥリアス州(Asturias)の文化遺産で、オビエド(Oviedo)は州都になります。アストゥリアスは8世紀始めに、イスラム教徒によって征服されましたが、8世紀末ごろ再びキリスト教徒に奪回されました。9世紀には、このイベリア半島のアストゥリアス王国で、キリスト教が続いており、プレ・ロマネスク様式の構造上とスタイルを持つ大聖堂や教会が多く建てられました。この遺産は、サンタ・マリア・デル・ナランコ教会(Santa Maria del Naranco)、サン・ミゲル・デ・リリョ教会(San Miguel de Lillo)、サンタ・クリスティナ・デ・レナ教会(Santa Cristina de Lena)、カマラ・サンタ・デ・オビエド(Camara Santa de Oviedo)、サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会(San Julian de los Prados)、などの歴史地区のまわりで見ることができます。また、フォンカラダの泉では、驚くべき現代的な技術を見ることができます。オビエドとアストゥリアス王国の建造物は、多くの観光客が訪れる文化遺産です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365254
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。