sponsoredlinks

リトミシュル城/チェコ共和国の世界遺産

チェコ共和国の世界遺産の中からリトミシュル城についての紹介ですチェコ共和国旅行のときにはリトミシュル城へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

リトミシュル城
Litomysl Castle
所在国:チェコ共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

リトミシュル城は、チェコの町リトミシュルにある文化遺産で、お城のそばに作曲家スメタナの生家があることでも知られています。16世紀後半、もともとあった中世の城をペルンシュテイン家が、イタリアのアーケード構造をチェコの環境に順応させて改築したものです。リトミシュル城は、中世ルネッサンス期に建てられましたが、新たな様式で改築された貴族の城館の代表と言われています。城壁はスグラフィット技法が施され、一見すると石を積み重ねたようですが、浮き彫りの絵となっています。リトミシュル城の見どころは、城の彫像、中庭とそれを囲む回廊、城に付属する劇場、などですが、現在でも城の保存状態がよく、付属の設備も完備されています。そしてEU会議にも利用され、スメタナにちなんで「オペラ・フェスティバル」や音楽祭も毎年開催されています。中世の街並みそのままのリトミシュルと共に、楽しめる音楽祭です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365256
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。