sponsoredlinks

トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会/ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産の中からトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会についての紹介ですドイツ旅行のときにはトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会
St. Mary’s Cathedral and St. Michael’s Church at Hildesheim
所在国:ドイツ
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会とは、ルクセンブルグ国境に程近いモーゼル河畔に位置するドイツ最古の街トリーアにある遺跡群で、1986年に文化遺産として世界遺産に登録されました。紀元前1世紀からローマ帝国の一都市として栄えたトーリア。その後1世紀前半には商業の中心地となり、第2のローマと称されたこの街では、当時から存在する貴重な遺跡群を数多く見ることができます。カエサルによるガリア遠征によって、西ヨーロッパの広い地域がローマ帝国に組み込まれたのが紀元前1世紀でした。カエサルの跡を継いだローマ皇帝アウグストゥスがガリア地方支配の拠点として築いたのが、植民都市トリーアです。トリーアは、その後商業も発展し、第二のローマと呼ばれるまでになったのです。コンスタンティヌス帝により、315年頃に建てられた南北2棟からなる聖堂は、北棟は大聖堂、南棟は聖母マリア聖堂となりました。大聖堂は11世紀の聖堂建築の傑作といわれ、聖母マリア聖堂はドイツの初期ゴシック様式建築の代表とされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365257
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。