sponsoredlinks

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 /ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産の中からポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 ドイツについての紹介ですドイツ旅行のときにはポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 ドイツへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ドイツ ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群
Palaces and Parks of Potsdam and Berlin
所在国:ドイツ
世界遺産登録:1990年、1992-1999年
世界遺産の種類:文化遺産

ポツダムといえば歴史の教科書で第二次世界大戦の終結のための会談が行われた場所として有名です。この会談の場所は世界遺産に登録されたツェツィーリエンホーフ宮殿です。ポツダムは歴史的に見るとプロイセン公国の拠点として発展した歴史を持っています。このほかにもポツダムは歴史的建造物(主に宮殿と庭園)が多く、18世紀にプロイセン王国のフリードリヒ大王が造営したロココ式の夏の離宮サンスーシ宮殿などがあります。ポツダムから30キロ弱離れているのがベルリンです。ベルリンは南西端部のポツダムに隣接するツェーレンドルフ地区(行政区分ではシュテグリッツ・ツェーレンドルフ区)に世界遺産に登録された物件があります。ベルリンの指定された物件はグリーニケ宮殿と庭園、グリーニケ国民公園、ニコルスケ地区、孔雀島、ベトヒャーベルク山、グリーニケの狩猟用別邸などです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365258
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。