sponsoredlinks

ハンザ同盟都市リューベック/ドイツ連邦共和国の世界遺産

ドイツ連邦共和国の世界遺産の中からハンザ同盟都市リューベックについての紹介ですドイツ連邦共和国旅行のときにはハンザ同盟都市リューベックへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハンザ同盟都市リューベック
Hanseatic City of Lubeck
所在国:ドイツ連邦共和国
世界遺産登録年:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

ハンザ同盟都市リューベックはドイツ連邦共和国の北部にあり、バルト海から内陸に20キロメートルほど入ったトラーヴェ川の中州にある港湾都市で、12
世紀中頃からバルト海の貿易拠点として建設されたヨーロッパ北部の商業中心都市でもあり、1987年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されまし
た。13世紀前半には市民たちが力を持つようになり神聖ローマ皇帝により自治権を認められ、13世紀後半には北ドイツの多くの商業都市が結んだハンザ同
盟の中心都市となりました。ハンザ同盟とは自治権を認められたものの、軍事力が弱く近郊の海賊などの侵入を防ぐために同盟を結び相互の安全を確保した政
治的・軍事的・経済的同盟のことです。リューベックの旧市街には外的からの防御のために重厚に造られたホルステン門や、中心部にあるリューベックの象徴
とも言うべき高さ125mの2基の尖塔をもつの聖母マリア聖堂、社会的な弱者のための施設である聖霊病院、ドイツ最古のゴシック建築である市庁舎、財力
を誇示するかのように豪華に建てられたハンザ商人の家々などが今もハンザ同盟都市の繁栄を今に残しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。