sponsoredlinks

サフランボル市街/トルコ共和国の世界遺産

トルコ共和国の世界遺産の中からサフランボル市街についての紹介ですトルコ共和国旅行のときにはサフランボル市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サフランボル市街
City of Safranbolu
所在国:トルコ共和国
世界遺産登録年:1994年
世界遺産の種類:文化遺産

サフランボル市街は、オスマン帝国の隊商都市として繁栄しました。サフランボルの名前は、香料サフランの集積地として発展した歴史にの由来しています。1994年、世界遺産に登録されたサフランボル旧市街は、乾燥した峡谷に位置しており、市街の約2q東に位置しています。サフランボル旧市街には、私立の博物館が1つ、25のモスク、5つの霊園、8つの歴史的な噴水、5つのトルコ式浴場、3つの隊商宿(キャラバンサライ)、1つの歴史的な時計等、1つの日時計及び数百に上るイスラーム建築によって建設された住居など、17世紀のトルコ風木造家屋が数多く残っています。建物の2階もしくは3階がせり出した独特の様式の民家は、帝国の交易路に点在する多くの町の建設に大きな影響を及ぼしました。ほかの町は、19世紀の鉄道の発達によって様相を変えましたが、サフランボルにはその影響が及ばず、往時の様子をとどめています。 ※トルコ共和国(トルコきょうわこく)、通称トルコ(土耳古)は西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。最大都市はイスタンブール。北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシアと、東でグルジア、アルメニア、イラン、イラク、シリアと接する。国土の大半の部分はアナトリア半島にあたり、国民の99%がスンナ派イスラム教を信仰するため、日本の地域区分では地理的な位置関係と、欧州即ちキリスト教というステレオタイプから中東、西アジアに含めることがほとんどであるが、サッカー協会やオリンピック委員会などではヨーロッパの統一団体に属す。経済的、政治的にもヨーロッパの一員として扱われることがあり、現在欧州連合(EU)へ加盟申請中である。現在欧州でイスラム教が人口の過半数を占めている国家はトルコとアルバニア、及びボスニア・ヘルツェゴビナのみである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。