sponsoredlinks

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門/フランス共和国の世界遺産

フランス共和国の世界遺産の中からオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門についての紹介ですフランス共和国旅行のときにはオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門
Roman Theatre and its Surroundings and the Triumphal Arch of Orange
所在地:フランス共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門は、フランス南部プロヴァンス地方ヴォクリューズ県にあります。オランジュは、古代にはケルト人の居住地でしたが、ローマ帝国に支配され、植民地とされたのが紀元前1世紀のことです。ローマ帝国支配下のもとローマの都市計画を持ち込んでオランジュという町は作られました。当時の遺跡が原型をとどめて残っています。ローマ劇場は、1世紀にローマ初代皇帝アウグストゥスの治世下で建造されたもので、丘の傾斜を削って作られた観客席が舞台に面しているため、音響効果がとても素晴らしく、現在でも夏になるとオペラが催されています。オランジュの凱旋門は、紀元前20年頃に建てられたもので、オランジュの北側のアグリッパ街道にあります。古代ローマ人の功績を称える戦闘や戦利品などが描かれた彫刻がほどこされています。他にも似たような遺跡は各所にありますが、ローマ劇場・凱旋門とも保存状態が良いのが特徴です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。