sponsoredlinks

ピリン国立公園 /ブルガリア共和国の世界遺産

ブルガリア共和国の世界遺産の中からピリン国立公園 自然遺産についての紹介ですブルガリア共和国旅行のときにはピリン国立公園 自然遺産へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ピリン国立公園
Pirin Bational Oark
所在国:ブルガリア共和国
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:自然遺産

ブルガリアの南西部にあり、ギリシャとマケドニアの国境に接するブルガリア最大の国立公園です。ピリン山脈は両国に接したヨーロッパの氷河期の時代に出来た山脈でありカール〔圏谷〕、U字谷、約70もの氷河湖など変化にとんだ景観を誇っています。山脈には最高峰の山、標高2914mのヴィーヘン山等がありこの山麓は深い針葉樹林に覆われた豊かな森林地帯を形成しています。また生態系も豊かでオウショウモミやエーデルワイスなどの植物、またヒグマ、オオカミ、キツネ、ムナジロテンなどの動物の種類も数多く生息しています。1934年にはブルガリアの自然保護区として指定され、ブルガリアの自然保護に対するテストケースとなり1983年に世界遺産に登録されました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365264
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。