sponsoredlinks

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓/ブルガリア共和国の世界遺産

ブルガリア共和国の世界遺産の中からスヴェシュタリのトラキア人の墳墓についての紹介ですブルガリア共和国旅行のときにはスヴェシュタリのトラキア人の墳墓へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓
Thracian tomb of Sveshtari
所在国:ブルガリア共和国
世界遺産登録年:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓はブルガリア共和国の西北部のドナウ川沿いの街であるシリストラの西にあるルーマニアとの国境の町ルセの郊外にあります。1985年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたスヴェシュタリのトラキア人の墳墓は、1944年に防空壕を掘っていた兵士たちによって偶然に発見されました。トラキア人は紀元前300年頃には既に王制をしいており、貨幣をつくり農林業を営むという高度な文明・文化を持っていました。このスヴェシュタリのトラキア人の墳墓の中の王族の墓1982年に発見され、直径70m、高さ12mで紀元前300年頃に作られたものだそうです。玄室(王と王妃の間)には生命の衰えと再生を象徴する老若男女の10体の女性像が飾られており、天井に描かれた壁画も保存状態が良くヘレニズム文明の重要な遺産といえるものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。