sponsoredlinks

バルデス半島 /アルゼンチン共和国の世界遺産

アルゼンチン共和国の世界遺産の中からバルデス半島についての紹介ですアルゼンチン共和国旅行のときにはバルデス半島へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バルデス半島
Peninnsula Valdes
所在国:アルゼンチン共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:自然遺産

バルデス半島はアルゼンチンの首都ブエノスアイレスから南約1300kmにあり、チュプト東部にあるサンホセ湾とヌエボ湾に囲まれた面積39万haの半島です。バルデス半島は絶滅の危機にさらされているセミクジラ、ゾウアザラシ、マゼランペンギン、固有種のパタゴニア・アシカ等が生息しておりパタゴニアの海洋哺乳類の保護に当たっての世界的に重要な地域であります。またバルデス半島周辺のシャチはユニークな方法で獲物を狩ることでも知られております、バルデス半島近くには、トレレウと、プエルト・マドリンの2つの空港があり、2つの都市ともバルデス半島観光の拠点になっていますがこれらの海洋哺乳類や海鳥などが観光地の開発等により危険因子ともなっているのが現状です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365282
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。