sponsoredlinks

サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区/エクアドル共和国の世界遺産

エクアドル共和国の世界遺産の中からサンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区についての紹介ですエクアドル共和国旅行のときにはサンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区
Historic Centre of Santa Ana de los Rios de Cuenca
所在国:エクアドル共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区はエクアドルの首都キトの南300q、アンデス山脈の谷間の標高2600mの内陸高地にあります。エクアドルの第3の都市でもあるクエンカは1557年にヒル・ラミレス・ダヴァロスによってスペインの植民都市として建設されました。エクアドルのクエンカの名前の由来はスペインのクエンカから取ったものでありスペインのクエンカも1996年に文化遺産として登録されています。町の中心にあるアブドン・カルデロン広場や日干し煉瓦を敷き詰めた碁盤目状の街路、サン・フランシスコ教会などの建物がある計画的な美しい街並み景観は、スペインの植民都市だった歴史をいまも色濃く残しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。