sponsoredlinks

サン・アグスティン遺跡公園 /コロンビアの世界遺産

コロンビアの世界遺産の中からサン・アグスティン遺跡公園 コロンビアについての紹介ですコロンビア旅行のときにはサン・アグスティン遺跡公園 コロンビアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サン・アグスティン遺跡公園
San Agustin Archaelogical Park
所在国:コロンビア
世界遺産登録:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

サン・アグスティン遺跡公園の遺跡の最古のものは紀元前500年といわれています。また、遺跡と同時に独特な石彫で知られる遺跡群も有名で、この遺跡群はコロンビアのマグダレナ川上流の標高1200mから2000mの山岳地帯に500km2の範囲にわたって点在しています。主な遺跡だけでも30ヶ所前後に達し、南米でも最大規模となっています。サン・アグスティン遺跡公園が発見されたきっかけは、1757年にスペイン人修道士サンタ・ヒエルトゥディスが旅行記に記したことが最初だとされています。その後、黄金を求める山師などが入りこみ、いくつかは破壊されましたが、20世紀初頭にはドイツの人類学者、コンラード=テオドール=プロイス(Preuss,K.T.)によってサン・アグスティンの重要性が正当に評価かれるまでになりました。サン・アグスティン遺跡群の特徴は、やはりその独特な石彫でしょう。丸彫りや板状の石を用いた石彫は、ペルーを中心にアンデス地方一帯に影響を及ぼしたチャビン文化の石彫を思わ、ネコ科の動物的な神格をもった半人半獣の牙を生やした怪人像、神官や戦士を表すと見られる人物像、蛇、ワニ、トカゲ、カエル、サンショウウオ、猛禽類を刻んだ石彫が400個体近く確認されています。これらの特徴ある石像は他に類例をみない独特のものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365289
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。