sponsoredlinks

ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群/パラグアイ共和国の世界遺産

パラグアイ共和国の世界遺産の中からラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群についての紹介ですパラグアイ共和国旅行のときにはラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群
Jesuit Missions of La Santisima Trinidad de Parana and Jesus de Tavarangue
所在国:パラグアイ共和国
世界遺産登録:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群は、17〜18世紀に先住民のインディオ・グアラニー人にキリスト教の布教活動を行なうためにイエズス会の宣教師により造られた多くの伝道施設群です。1632年に造られたサントス・コスメ・イ・ダミアン、1685年に造られたヘスース・デ・タバランゲ、1706年に造られたラ・サンティシマ・トリニダート・デ・パラナなどからなり、なかでも保存状態のいいトリニダードのレドックシオン(教化集落)の遺跡に使われている赤レンガは、美しく芸術的な景観を持っています。イエズス会の布教活動により、最盛期には20万人のインディオ・グアラニー人がキリスト教を信仰し、強い影響力を持ちましたが、1767年には、スペインの命令により追放されてしまいました。ラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道施設群は、パラグアイ共和国の首都であるアスンシオンの南東に位置するエンカルナシオンの近くにあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。