sponsoredlinks

ディアマンティーナ歴史地区/ブラジル連邦共和国の世界遺産

ブラジル連邦共和国の世界遺産の中からディアマンティーナ歴史地区についての紹介ですブラジル連邦共和国旅行のときにはディアマンティーナ歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ディアマンティーナ歴史地区
Historic Centre of the Town of Diamantina
所在国:ブラジル連邦共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

ディアマンティーナ歴史地区は、ブラジル南東部のミナスジェライス州(State of Minas Gerais)のほぼ中央部に位置する文化遺産です。ディアマンティーナは、ポルトガル語のダイヤモンドという意味です。18世紀当時は、ダイヤモンドの採掘で栄えたポルトガルの植民都市で、産出量300万カラットともいわれる、世界中のダイヤモンドの大部分を産出していました。ダイヤモンド採掘者の影響で、独創的な文化や芸術が盛んになり、ポルトガルの中世の町を思わせる石畳の市街地やバロック様式の建物が、荒涼とした景色に融和しています。またディアマンティーナはダイヤモンドだけでなく、良質の水晶が産出されることでもよく知られています。その水晶の一つに、レムリアンシードがあります。ディアマンティーナ歴史地区は、山間の盆地に18世紀ヨーロッパのモデルを構築したすばらしい例の植民都市です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365306
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。