sponsoredlinks

古都オウロ・プレト/ブラジル連邦共和国の世界遺産

ブラジル連邦共和国の世界遺産の中から古都オウロ・プレトについての紹介ですブラジル連邦共和国旅行のときには古都オウロ・プレトへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古都オウロ・プレト
Historic Town of Ouro Preto
所在国:ブラジル連邦共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

古都オウロ・プレト(オウロ・プレート/オウロ・プレット)は、17世紀末に起こったゴールドラッシュにより繁栄し、18世紀のブラジル連邦共和国の黄金時代を支えた古都です。古都オウロ・プレト(オウロ・プレート/オウロ・プレット)は、1693年にブラジル南東部の山間ミナス・ジェライス州に金鉱が発見されてから、40年ほどの間に何もなかった高原が10万人規模の都市へと発展しました。ビラ・リッカ(富める村)として、その後も発展を続け、1823年から1897年の間には、ミナス・ジェライス州の首都として繁栄しました。街中には、起伏の激しい石畳が、道沿いには多くの教会が残されており、当時の繁栄を彷彿とさせます。ポルトガル統治時代のコロニアル建築最高傑作といわれるサンフランシスコ・ジ・アシス教会やボン・ゼズス・マトジンニョ教会、鉱物学博物館、バロック様式の家々が立ち並ぶ景観は、とても美しく、現在は観光業を主産業としています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365309
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。