sponsoredlinks

サウス-イースト大西洋岸森林保護区群/ブラジル連邦共和国の世界遺産

ブラジル連邦共和国の世界遺産の中からサウス-イースト大西洋岸森林保護区群についての紹介ですブラジル連邦共和国旅行のときにはサウス-イースト大西洋岸森林保護区群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サウス-イースト大西洋岸森林保護区群
Atlantic Forest South-East Reserves
所在地:ブラジル連邦共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:自然遺産

サウス-イースト大西洋岸森林保護区群(大西洋岸森林南東保護区)は、ブラジルのパラナ州とサンパウロ州の両州にまたがる大西洋岸にあります。サウス-イースト大西洋岸森林保護区群は、ブラジルの大西洋岸森林としては、最大級でありたいへん良質な森林を含んでいます。サウス-イースト大西洋岸森林保護区群は、総面積が47万余ヘクタールにもなり25の保護地区から構成されています。ただし、1500年ころに始まった植民地政策による土地開発によって、現在の10分の1の森林に減ってしまいました。現在残っている熱帯森林は、人間が開発できないよう厳しく規制されていることにより保護されているため、ジャガー、カワウソ、アリクイなどの絶滅危惧種をはじめとする動植物が豊富に生息しており、現存する大西洋岸森林の進化を見ることができます。深い森に覆われた山々から低地の湿地帯、沿岸に浮かぶ山がそびえ立ち、砂丘まで続いているところもあります。とても美しい風景と自然環境の豊かさを垣間見ることができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365311
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。