sponsoredlinks

中央アマゾン保全地域群/ブラジル連邦共和国の世界遺産

ブラジル連邦共和国の世界遺産の中から中央アマゾン保全地域群についての紹介ですブラジル連邦共和国旅行のときには中央アマゾン保全地域群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

中央アマゾン保全地域群
Central Amazon Conservation Complex
所在地:ブラジル連邦共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:自然遺産

中央アマゾン保全地域群は,ブラジルのアマゾナス州ネグロ川流域のアマゾン中央平原にあります。ジャウ国立公園は,アマゾン盆地で最大、南米で2番目に大きなの国立公園です。公園内には低湿地帯にある森林と高台になった森林の両方が存在し、地球上で最も豊富な生態系を有する場所の一つです。1986年にジャウ川の全流域を保護するために国立公園の指定を受けました。面積は600万ヘクタールという広さです。ジャウ川の名前の由来は、川で有機物質が分解され、土砂の沈殿が無いことが理由で、水が黒っぽいことから名付けられたとされています。そのため、シャウ川は、「ブラックウォーター型生態系」の呼ばれています。中央アマゾン保護区群は、ジャウ川流域盆地だけでなく、ブラックウォーター水系により育まれる動植物を保護対象としています。マナティやワニ・豹・イルカ・トラネコなど多様な動物や、ピラルクなど200種以上の魚類が生息しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。