sponsoredlinks

ブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群 /ブラジル連邦共和国の世界遺産

ブラジル連邦共和国の世界遺産の中からブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群 ブラジル連邦共和国についての紹介ですブラジル連邦共和国旅行のときにはブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群 ブラジル連邦共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群
Brazilian Atlantic Islands: Fernando de Noronha and Atol das Rocas Reserves
所在国:ブラジル連邦共和国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:自然遺産

フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群は、ブラジル東部の大西洋上に位置します。
ロカス島はフォルタレザ(セアラ)の東およそ500km、フェルナンド・デ・ノローニャ島は、同じくおよそ700kmの地点にあります。
フェルナンド・デ・ノローニャとは南大西洋の海底山脈であり、ブラジル領ペルナンブーコ州の島々で、フェルナンド・デ・ノローニャ島を中心に20の火山島などの島々からなっています。
これらの島々は、ブラジル沿岸に沿う形で連なっていまして、その一部が南大西洋の多くの島々となって海面上に突き出ている形になっています。これらの郡島の形成は、約12.000.000年前のものだということです。
フェルナンド・デ・ノローニャ諸島の海域は、 絶滅の危機に瀕する生物種の保全において特に重要であり、多くの魚類やウミガメがここを繁殖地としています。
また熱帯性の海鳥の営巣地としては、 大西洋の西部地域で最大規模のものとなっています。
そしてロカス環礁では、珊瑚礁と美しい魚、美しい海底景観も兼ね備えいるのが特徴です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。