sponsoredlinks

セラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園 /ブラジル連邦共和国の世界遺産

ブラジル連邦共和国の世界遺産の中からセラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園 ブラジル連邦共和国についての紹介ですブラジル連邦共和国旅行のときにはセラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園 ブラジル連邦共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園
Cerrado Protected Areas: Chapada dos Veadeiros and Emas National Parks
所在国:ブラジル連邦共和国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:自然遺産

セラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園は、ブラジルの中央高原に広がる熱帯性草原をさします。
セラードとは、「アマゾン低地熱帯林南部に広がる草原地帯」のことで、世界中で最も古く、世界でも類のない不思議な熱帯生態系を見ることができます。
幾千年にもわたり、気候変動期には幾多の種がこのセラード地域に逃げ込んできて、現在では、70種類以上の哺乳類、300種以上の鳥類をはじめ、いろいろな動植物が生息しています。
気候変動期とは、乾季とと雨季のことで、乾季には半年以上も雨が降りません。
この乾ききった大草原に、数千万個にも及ぶといわれている塔のような巨大な、シロアリが作ったアリ塚があります。
このシロアリを食べに、オオアリクイがアリ塚に集まってきます。また、アリ塚にはキツツキの仲間アリツカゲラが住んでいます。アリ塚にはヒカリコメツキムシという虫も住み、幼虫は光を放ってエサのシロアリを引き寄せて食べます。この幼虫が育つ時期、夜になると草原は無数の光の粒に包まれ、満天の星空に勝るとも劣らない光景が広がるということです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。