sponsoredlinks

オリンダ歴史地区 /ブラジル連邦共和国の世界遺産

ブラジル連邦共和国の世界遺産の中からオリンダ歴史地区 ブラジル連邦共和国についての紹介ですブラジル連邦共和国旅行のときにはオリンダ歴史地区 ブラジル連邦共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オリンダ歴史地区
Historic Centre of the Town of Olinda
所在国:ブラジル連邦共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

オリンダは、南アメリカ最東端にあり、ブラジル東北部の沿岸に位置する都市です。
オリンダは、16世紀以降、ポルトガル人によって支配され、さとうきび産業で繁栄してきました。
オリンダの名前の由来は、16世紀のポルトガル人が町の周囲の景色を眺めて「オー、リンダ(おお、美しい)」と叫んだことにちなんでいると言われています。
1630年にさとうきびの利権をめぐり、オランダ人に占領されて、カトリック色の強かったこの町を破壊しました。
1654年にポルトガルがオリンダを再び奪回し、町を再建しました。
このために、オリンダは両国の建築様式の建物および町並みが残っています。
ブラジル・バロック様式といわれるサン・フランシスコ修道院や、後期バロック様式のサン・ベント修道院などがあります。
こじんまりとした坂の多いは、半日もあれば一通り周れそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。